旅行

旅街道④余部鉄橋

こんにちは、丹後半島経が岬灯台をあとに、道の駅てんきてんきに泊まった翌日、余部鉄橋に向かう。立ち寄ったのは、初めてだとおもいますが、何かの写真で見ていたのか

あー、これが、有名な、と言う感慨でした。エレベーターも付いていて橋上の鉄橋駅に立ち寄れます。下に時刻表が有ったのに見逃してしまい、駅からおりた後に列車が進入しました。

注意散漫でした。

余部鉄橋をあとに、山陰ジオパーク道の駅にやって来ました。何しろ、現在の道の駅は弥生時代の住居跡の上に建てられているというから驚きですね。また、とてもロマンをかきたてられます。

但馬といえば、そうです。但馬牛ですね。とても美味しくいただきました。

海岸には木の橋がかかり、大きな岩(立岩と呼ばれています)がそそり立っています。海岸を散策していると古代人が今にも現れそうな神秘さを感じます。

また、山陰はさかながとても美味しいのですが、私たち関東の人間には聞きなれない、名前のさかなに出会います。これも、そのひとつ、ばばあ、と呼ばれていますが、地元の魚やさんに

聞いても正式な名前はついぞ、分からずじまいでした。

このあと、道の駅神話の里白ウサギにお世話になります。名前を聞くだけでこちらもロマンを感じますね。

 

海外でお得に使えるWifi

-旅行

Copyright© NoB , 2020 All Rights Reserved.