旅行 海外

タイ・バンコクからラオス・ルアンパバーン経由でサイゴンを目指す鉄道とバスと飛行機の旅

2018年2月5日晴れ。夜8時家を出発。深夜2時10分のフライトでマニラ経由バンコクを目指す。

今回の旅はアユタヤ(下記添付写真ーアユタヤ駅)から鉄道でラオスに入り、バスで世界遺産ルアンパバーンを目指す。

 

さらに飛行機でベトナムハノイに入り、鉄道とバスを使いサイゴンへ移動。

いつもながら全て自分達の手配。しかも今回はバックパッカーの仲間入りをし、リュックサックを担いでの旅となる。

楽しみである。

いざ、出発。

 

経由地のマニラ空港は、使い勝手のあまり良くない空港であった。

2月6日8時55分マニラ発12時バンコク着。さっそくタクシーにてホテルへ。

 

 

2月7日ホテル手配のタクシーにて空港へ。ファランボーン経由列車でアユタヤへ。アユタヤ泊。

 

2月7日アユタヤに着く。バンコク中央駅から鉄道で入る。

アユタヤには3度目となる。ホテル到着後、辺りを散策。

ナイトマーケットを覗き、近くの店で食事がてら飲む。

(BST20TB、MBT60TB、特急690TB/2人ー参考)

 

 

 

 

 

 

2月8日朝、ホテル周辺を散歩。ラオス、ビエンチャン行き列車のチケットを購入(夜行列車)、島を自転車で廻る。

(自転車/50B/一人/一日中、トレイン1980B/2人ー参考)

 

旅はつづく

>> ラオスに入るには友好の橋を渡り鉄道でタイを出国する

海外でお得に使えるWifi

-旅行, 海外

Copyright© NoB , 2020 All Rights Reserved.