旅行 海外

マレー鉄道の旅に挑戦して来ました。-シンガポールからタイバンコクまで。⑫

こんにちは、NoBです。今年も大晦日を迎えましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?この旅の連載も最後となりました。別れは寂しいですね。そしてまた、すぐに訪ねたくなります。

本来の目的からすればHUA HINからBANGKOKまで鉄道となりますが、やはり長距離のため、夜行寝台となります。普通車では時間が掛かりすぎます。と言い訳をしつつ鉄道を断念。

HUA HINからバンコックの国際空港スワンナプームまでバスで行く事にしました。どうも優柔不断ですね。普通に行けば4時間ほどで行けます。が、飛行機は翌日の明け方のため、急ぎません。

HUA HINには空港も有ります。その近くに国際空港スワンナプーム行きのバスターミナルが有ります。市内のホテルからバスかタクシーになりますが、タクシーは200から300バーツと言います。

散歩がてらいろいろなタクシーにあたり200バーツで行くタクシーに決めようと思いホテルに荷物を取りに戻るとホテルの人がローカルバスなら安いというのでホテルの外で待つこと数分

手を振って乗り込みました。いわゆる乗合バスで乗り降り自由です。なんとおばさんの運転するバスで飛ばすこと、料金は驚くことに20バーツ/2人でした。あまり結論を急がないことですね。

HUA HIN飛行場とその近くに有るバンコックスワンナプーム行きのターミナルとそのバス。

空港へ向かうバスからみた景色です。

スワンナプーム空港内の様子です。

帰りは香港経由で帰りました。返還の時期わずか半年とはいえ、住んだことの有る国です。何度訪ねても懐かしさは変わりません。その国が連日報道されているように若いひとたちが命をかけて

闘っています。とても心が痛みます。旅そのものは、初期の目的を半分達成し半分未達成でした。自分たちの旅はいつも手つくりです。その場その場で決めるため、行く方向の寄る街も都度

変わって来ます。でも、それで良いのです。やり残したことが有ると思えばまた、挑戦すれば良いのですから。皆さまも自由な発想で自分たちでアレンジする旅に挑戦してみてはいかがでしょうか?

この、連載も本日をもって終了します。丁度年の瀬の大晦日。うまい具合に終わることが出来ました。つまらない内容だったかと思いますが、こうして書いて見ることも大事なことかと思い

書いて来ました。明日からは新しい年の幕開けです。どうぞ、お身体に留意のうえ、良いお年をお迎えください。それでは、また、いつかお目にかかれる日が来ることを祈っています。

ありがとうございました。

 

 

海外でお得に使えるWifi

-旅行, 海外

Copyright© NoB , 2020 All Rights Reserved.