旅行 海外

マレー鉄道の旅に挑戦して来ました。-シンガポールからタイバンコクまで。⑩

こんにちは、NoBです。ハジャイへ着きました。(前回書きましたがこちらの人は、ハムジャイまたはハートヤイと呼びます。)別名、ハジャイジャンクションと呼ばれています。

マレーシアのパダンブサールからの列車とスンガイコーロックを始発とする列車がここで合流します。バンコク行き夜行寝台列車はスンガイコーロックやハジャイから乗ることになります。

駅到着後、その夜の夜行寝台(2等)を予約しました。(1等ももちろん、有りますが値段が高い)同じ2等でも上段と下段で値段が違います。上段しか空いていなかったのでやむを得ず上段を。

まあ、寝るだけですから。料金は929バーツでした。(出発は18時45分)目的地はHUA HINとしました。ここHUA HINはタイ国王の避暑地?になっているところでタイ第二の都市です。

湿気がなく、暑くても汗をかきません。また、日本人があまりいないそうで、ホテル近くのスーパーで奈良から移住してきたという女性1人に会っただけです。(参考:タイ国鉄路線図

ハジャイ駅です。 駅と街の様子です。

上、左には寝台の様子。右は定番のビールとローカルフードです。

列車は、HUA HINに朝の6時26分(予定ー実際には1時間程遅延しました)に到着しました。

上2枚は国王の利用する駅舎、下の写真のひだりーのひだりが一般のひとの利用する駅舎で右側が国王の利用する駅舎です。した右はHUA HINに到着した筆者です。

次回はとても魅力的な街HUA HINに付いてです。どうぞ、お楽しみにしてください。それでは、次回またお会いしましょう。

 

海外でお得に使えるWifi

-旅行, 海外

Copyright© NoB , 2020 All Rights Reserved.